スペイン
カタルーニャ

セレルス・デ・ラルボック

Cellers de L'arboc

スペインのカタルーニャで1919年からスパークリングワインを造るワイナリー。クリーミーな泡がグラスの中でキラキラし、口あたりは辛口ですっきり。伝統的な製法により、驚くほどのクオリティのカヴァを生み出しています。


格付

DOカバ

所在地

セレテラ・ラルボック  バニェレ            ラルボック タラゴナ

Ctra. l’Arboc -Banyeres, P.K. 3,8 43720 - L’ARBOc (Tarragona)

URL

カタログPDF


歴史

ペネデスの地域のラルボックの村で、1919年に農業経営者による小さな組合、セレルス・デ・ラルボックが設立されました。セラーは村の中心に位置し、その時代としてはモダンなスタイルで建設されました。現在、セレルス・デ・ラルボックは400ほどの組合員によって構成され、1000haものブドウ畑を持っています。2006年には、よりモダンで最新の技術が備わった建物へと移りました。


栽培

初めは、地域でよく栽培されているマカベオ、チャレロ、パレリャーダから、主にカバの為に栽培を行いました。その後、シャルドネやカベルネソーヴィニヨン、テンプラニーリョ、メルローもスティルワイン用に栽培しています。

醸造

ペネデスにおいて、ラルボックが初めての低温発酵を行い始めたワイナリーだと考えられています。低温発酵をすることによって、果実味やフレッシュさ、地中海のアロマが二次発酵のあとに良い品質で保たれるのです。


信条

数々の素晴らしい投資は、手術戦略へとつながりました。これまではカバをバルクで販売をしていたり、DOカバの生産者向けに行っていましたが、よりプロフェッショナルなワイナリーへと変化しています。新地にて、自分たちのブランドの下でカバやワインを精巧に造り、世界に向けて販売することを決めました。いまや、DOペネデスやDOカバにおいて、セラルス・デ・ラルボックは精密さと品質のワインのお手本となるべき存在とまでなりました。


セレルス・デ・ラルボックのワインリスト

ラルボック 1919 ブリュット 

L'arboc 1919 Brut / Cellers de L'arboc

ヴィンテージ NV

ブリュッセル・ワイン・コンクール グランド・ゴールド・メダル(大金賞)品質も価格も最高レベル。デイリースパークリングの辛口カバです。果実やシトラスの香りと風味が広がり、きめの細かい泡の持ちはとても心地良い印象です。1919年に設立されたラルボック。その当時としては先進的な低温発酵などをそのエリアでは初めて採用するなど革新的な生産者です。現在では400ものブドウ栽培家が集まり、1000haの畑を丹念に管理し低価格ながら高品質のワインを生み出しております。

ラルボック 1919 ブリュット 1.5L

L'arboc 1919 Brut 1.5L / Cellers de L'arboc

ヴィンテージ NV

品質も価格も細かい泡も最高レベル。デイリースパークリングの辛口カバです。果実やシトラスの香りと風味が広がり、きめの細かい泡の持ちはとても良いです。

ラルボック1919にマグナムサイズ登場です!

ラルボック 1919 ブリュット インペリアル 

Cava L'ARBOÇ 1919 BRUT IMPERIAL / Cellers de L'arboc

ヴィンテージ NV

オーレ定番ラルボック1919の新商品です。シャルドネを加えたことによりドライでエレガントな印象が綺麗な泡とともにきれいな香りが立ちあがります。シャルドネがうまく引き出され、コクとミネラル感と厚みをだしています。石灰質の土壌でブドウを栽培、ミネラル感がさらに加わり満足感のあるカバとなりリリースされました。ミネラル感の強いカバはラグジュアリーなワインとして一歩踏み出しました。

ラルボック 1919 ロゼ

L'arboc 1919 Rose / Cellers de L'arboc

ヴィンテージ NV

野生のロゼ発見!ロゼの色合いがチャーミングなスパークリングワイン。苺やカシスの香りも広がり、和食にもぴったりです。世界中でも、ブドウ品種のトレパットは珍しく、色合いが濃く香りの豊かさが特徴です。


弊社は酒類卸ですので、酒類販売免許をお持ちの店舗にのみ販売させて頂いております。

こちらはお客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではありません。

未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は二十歳になってから。

contact@olet-japan.com

© 2020 Copyright O'let Japan Co., Ltd.

Topへ