イタリア
ピエモンテ

モンタルベラ

Montalbera

イタリアの雄大な土地でワインを造り、神秘的な品種ルケが生まれ育つ。バラの香りのするブドウ。ゆっくりと時間をかけてお飲みください。


所在地

ヴィア・モンタルベラ, 1 14030 - カスタニョール・モンフェラート - (At) - イタリア

Via Montalbera, 1 14030 -Castagnole Monferrato - (At) - Italia

地区

ランゲ

URL

カタログPDF


歴史

モランド家の血統はイタリア ランゲの地に始まります。一家の道のりを遡るには、ブドウ畑とワインの軌跡は避けられません。ワイナリーの設立者である、エンリコ・リカルド・モランドの故郷、カスティリオーネ・ティネッラに15haの畑を持ち、モスカート ダスティを植えています。

モンタルベラは、モスカート ダスティDOCGサン カルロを生産しており、その名前はワイナリーからわずか数m先にあるサンカルロ協会に由来しています。1980年代中ごろ、モランド家は土地を購入、拡大をし、当時としては新しいブドウ品種のルケを植えていきました。今日、ワイナリーを囲むブドウ畑は継続的な広がりをみせています。ブドウの樹々は丘の斜面に植えられ、粘土質から石灰質まで、土壌や畑の向きなど異なる環境がブドウに与えられています。


栽培

ブドウ畑は6つの丘を全て覆っています。樹齢は7-30年で、垣根仕立てで植えられています。すべての農作業は手作業で。良質の82haの土地にルケが植えられており、このアペラシオンの生産量の60%を占めています。その他には、バルベラ ダスティやグリニョリーノ、ヴィオニエが栽培されています。

醸造

何世代にも亘り、モランドファミリーはピエモンテでのブドウ栽培を信じ、投資をしてきました。そして何年も、土着品種のルケの発展に熱心に取り組んできました。今もなお専念しており、モンタルベラは、ピエモンテの優れたワイナリーのひとつにまでなりました。彼らの成功の基盤となったのは、生産するワインにはっきりと表れているような、実直で明確な価値観にあります。


信条

"苦難と計画"、"解釈とテロワール"
これがモンタルベラのワイン造りにおける信条の基礎です。ブドウをあらゆることの中心として考え、畑の希少性を称賛しています。それぞれのワインを違ったように解釈されます。ステンレスなのか樽なのか、完熟なのか開いているのか、各品種の個性を様々な面からベストな発展を目指しています。


モンタルベラのワインリスト

ピエモンテ ロッソ DOC フオリ カタロゴ 

Piemonte Rosso DOC Fuori Catalogo / Montalbera

ヴィンテージ 2013

ピエモンテの土地を感じる、ルケ・バルベラ・グリニョリーノがブレンドされた軽やかな赤です。果実味やスパイシーさの調和がとれていて、サラミやミートソースとのマリアージュにぴったりです。

ルケ ディ カスターニョ モンフェラート DOCG ラチェント 

Ruche di Castagnole Monferrato DOCG / Montalbera

ヴィンテージ 2014

エレガントかつパワフルな味わいの、ピエモンテ土着品種のルケ。上品な果実味や香りがありながら、タンニンも感じられます。酸もあるため、舌の上で心地よいなめらかさが広がります。トリュフと合わせて贅沢に楽しむことも。


弊社は酒類卸ですので、酒類販売免許をお持ちの店舗にのみ販売させて頂いております。

こちらはお客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではありません。

未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は二十歳になってから。

contact@olet-japan.com

© 2019 Copyright O'let Japan Co., Ltd.

Topへ