フランス
ブルゴーニュ

ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン・パリゾ

Domaine Philippe CHARLOPIN PARIZOT

妥協を許さずにまじめに取り組む、ブルゴーニュを代表する偉大な造り手。自然ワインを極める頂点。アンリ・ジャイエの教えを次ぎ自分の理想を引き出し、ここに、ブルゴーニュのあるべき姿がある。


格付

AOP プルミエ クリュ グラン クリュ

所在地

18 リュ・ルート・ド・ディジョン 21220 ジュヴレ・シャンベルタン

18 Route de Dijon 21220 GEVREY CHAMBERTIN

地区

コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、

URL

当主

フィリップ・シャルロパン

Philippe Charlopin

醸造責任者

フィリップ・シャルロパン

Philippe Charlopin

栽培責任者

フィリップ・シャルロパン

Philippe Charlopin

カタログPDF


歴史

1956年生まれの現当主、フィリップ・シャルロパン氏は、22歳のときに父アンドレ氏から2ha弱の畑とドメーヌを引き継ぎワイン造りを始めました。当初、マルサネ村でワイン造りを行っていましたが、生産量が増えきたことを機にジュヴレ・シャンベルタンに拠点を移したことで名実ともにジュヴレ・シャンベルタンのドメーヌとして成長。

現在、マルサネ、フィサン、ジュヴレ シャンベルタン、モレ サン ドニ、シャンボール ミュジニー、ヴォーヌ ロマネに17haの畑を持ち「シャンベルタン」「ボンヌ マール」「エシェゾー」など、なんと8つのグラン クリュを手掛けています。赤のイメージが強いシャルロパンですが、2007年からはシャブリもリリース。現在はフィリップ氏の息子、ヤン氏が白ワインを担当し、親子でドメーヌを営んでいます。

また、当主のフィリップ氏はピノ・ノワールの神様と呼ばれるアンリ・ジャイエ氏から指導を受けた一人で、愛弟子として可愛がられていたことでも知られています。


栽培

シャルロパンのモットーはあくまでも自然なワイン造り。ブドウの質そのものが、その後の醸造、そしてワインの質を決定すると考えるため、極力自然の力を邪魔しないよう細心の注意を払っています。ブドウの樹が自力で凝縮味のある果実を結実できるよう、ブドウの栽培にはリュット・レゾネ(減農薬農法)を採用。除草剤と化学肥料は使用せず、殺虫剤代わりにフェロモンカプセルを用いています。

ブドウの樹齢は概ね高く、エシェゾーにいたっては樹齢70年に達するものも。しっかりと完熟してからの収穫はもちろんのこと、厳しく選別した果実は、除梗した後一週間に及ぶ低温マセラシオン発酵を行います。培養酵母の補酸は決して行わず、その後は瓶詰め直前まで澱引きせずに樽熟成されます。

醸造

シャルロパンのワインは、グラン クリュで70% 、プルミエ クリュで50-70%と新樽比率が高いことも特徴。若いうちは樽香が強く感じられますが、熟成と共にワインのアロマが綺麗に溶け込み、果実味に溢れた濃厚な味わいはより洗練され深みのある味わいに変化を遂げます。精妙なフィネスを備えた確固たるシャルロパンのスタイルは、まさにブルゴーニュの最高峰の一つと言えるでしょう。


信条

シャルロパンのモットーはあくまでも自然なワイン造り。


ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン・パリゾのワインリスト

プチ シャブリ

Petit Chablis / Domaine Charlopin Parizot

ヴィンテージ 2009

アンリジャイエの教えを継ぐ、ブルゴーニュ最高峰のドメーヌが造る、2009年プチ シャブリ。大樽を使用し果実の旨みを充分に引き出し豊かに開くアロマとミネラル感が魅力的な白ワインです。白ワインに関しては、フィリツプ・シャルロパン氏の息子ヤン氏が手掛けています。次世代の後継者としてフィリップ氏から直接、手ほどきを受けております。

シャブリ

Chablis / Domaine Charlopin Parizot

ヴィンテージ 2009

キンメリジャンの土壌からなるこのシャブリは、引き締まった酸味とミネラル芳醇な果実味豊かな味わいがあり他のシャブリとは一線を画します。シャブリらしからぬしっかりとした果実感があります。

シャヴリ プルミエ クリュ フルショーム

Chablis Premier Cru Fourchaume 2011 / Domaine Charlopin Parizot

ヴィンテージ 2011

シャルロパン・パリゾのモットーは自然なワイン造りです。極力、自然の力を邪魔しないように、ブドウの樹が自力で凝縮感のある果実味を引き出し、果実味とアロマにあふれ、精妙なフィネスを備えた確固たるシャルロパンのスタイルはまさに、ブルゴーニュ最高峰のひとつといえるでしょう。白ワインに関しては、フィリップ・シャルロパン氏の息子のヤン氏が手掛けています。

マルサネ アン・シュヌボワ

Marsannay / Domaine Philippe Charlopin

ヴィンテージ 2014

シャルロパン氏のモットーはあくまでも自然なワイン造り。 ブドウの栽培にはリュット・レゾネ(減農薬農法)を採用。。所有しているマルサネの畑は海抜200m 日照時間が最も長く 華やかなワインのスタイルとなっています。

ジュヴレ シャンベルタン ヴィエイユ ヴィーニュ

Gevrey Chambertin Vieilles Vignes / Domaine Charlopin Parizot

ヴィンテージ 2015

本拠地ジュヴレのしかも樹齢50~80年の古木から生まれるこのキュベは、造り手の姿が現れております。品のある香りと繊細かつ密度のある果実味、締まった酸が見事にまとまっています。やや果実味が広がりを見せ、そのポテンシャルの高さを垣間見ることができます。

フラン ド ピエ

Franc de Pied / Domaine Charlopin Parizot

ヴィンテージ 2009

生産量ごく少量!!フィロキセラの影響を受けていないブドウ樹で造られている珍しいワインです。アンリジャイエの教えを継ぐ、ブルゴーニュ最高峰のドメーヌです。


弊社は酒類卸ですので、酒類販売免許をお持ちの店舗にのみ販売させて頂いております。

こちらはお客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではありません。

未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒は二十歳になってから。

contact@olet-japan.com

© 2019 Copyright O'let Japan Co., Ltd.

Topへ